カラーセラピー


色には人のこころとからだに深く働きかける心理効果があります。カラーセラピーはその効果を利用した「色彩療法」です。

カラーセラピストが、カラーボトルを使って、人の心理状態・本質・可能性を読み取り、その人にとって必要なことを見つけ、心と体を癒す色を見つけだします。
その色を身につけたり身近に置くと
色のチカラで癒されたり元気がでたりと、効果が期待できます。

メニュー

【日 時】予約制随時 

【受講料】
ライトコース 3,300円税込(30分)
フルコース 11,000円税込(120分)
オンライン 3,300円税込(30分)
※内容を伺って、下記の様々なカラーセラピーなどを組み合わせてセッションしていきます。やってみたいセラピーがあれば、ご希望も伺います。

【教材費】受講料に込み
ヒーリングカラーカード付き

ジェムセラピー|健康セラピー|スペイン

1層ボトル(ジェムセラピー)

ジェムセラピーとは、色彩の効果を用いて安らぎを与えたり、心身のバランスを整えるカラーセラピー(色彩療法)の理論に、特殊なリンパマッサージの技術も併せて学べる、総合的なトータルケアをテーマにしたセラピーです。

オーラライトカラーセラピー|イギリス

2層ボトル(オーラライト・アヴァターラ)

英国生まれのハーブ・ウォーターとエッセンシャル オイルから成る2層のカラーボトルの中から気になるボトルを選んでもらい、リーディング(色を読み解いて)していくことで過去・現在・ 未来を心理分析していくものです。

トリコロールカラーセラピー

3層ボトル(トリコロール)

12種類のトリプル・カラーボトルから6本のカラーボトルを決められたポジションに自由に置き、人間の意識のマインドにあるもの、潜在意識にあるもの、深層心理にあるものを明らかにしていきます。

センセーションカラーセラピー|カナダ

1層ボトル(TCカラーセラピー・センセーション)

TCカラーセラピーには、パーソナリティ・ストーリー・ワークと、4本リーディング~ハイヤーセルフとつながる~の2種類の個人セッション(カウンセリング)があります。2つのセッションを同時に受けられることで、より深く自分自身と向き合うことができます。

数秘&カラー|名古屋

数秘&カラー®

生年月日と名前から数を導き出し、トータルにリーディングしていきます。自分の資質や才能、他人からどう見られているか、人生において自分が本当に求めているもの、社会における役割、1年ごとの運気など前から数を導き出し、トータルにリーディングしていきます。自分の資質や才能、他人からどう見られているか、人生において自分が本当に求めているもの、社会における役割、1年ごとの運気など算出します。

ペンジュラムカラーセラピー

ペンジュラムカラーセラピー

さまざまな力を引き出す「パワーストーン」と、色彩効果を使った心理療法の「カラーセラピー」を組み合わせた、今までになかったツールがペンジュラムカラーセラピーです。・今のあなたに奥深く眠る能力は?・今、あなたの恋の成就には何が必要?など、今お困りのことがありましたら、必要な答えを選び出します。

ワンセルフカード|名古屋

ワンセルフカード

「この世にたった一人しかいないユニークな自分を大切にしよう」と「私たちは深いところで実はつながっているのだ」という2つのメッセージを込めた「ワンセルフ(ONESELF)」というカードを使って、成長へのサポートや励ましのメッセージお伝えします。

色育|名古屋

色育

「色育オリジナルの教材」を使って、カラーの持つチカラ(効果)を体験していただきます。集中力、想像力、コミュニケーション力...3つの生きる力を育てるためのワークや5つのポジションと8色のぎゅっとくんでコミュニケーションをしていきます。

オンライン予約

下記から予約が可能となっています。時間を気にせずご予約ください。
10:00~18:00 (木・金・土 10:00~20:00)

色のチカラと色彩心理


色には人の心理に及ぼすいろいろな作用があります。
その作用を生かし、インテリアやファッションなどの身近なものに取り入れると
心理的効果でプラスに向かうことができます。

赤|色の意味

Red

色の中でもっとも長い波長を持つ赤は、エネルギーをかきたてる力を持ちます。赤には心臓の鼓動を早め、血圧を上昇させ、興奮を促すなどの生理作用があることが知られています。もっとも活動的な自分になりたい時、何かに意欲的になりたい時には赤のグッズを身につけたり、身近に置くと効果的です。

オレンジ|色の意味

Orange

オレンジは赤のエネルギー、黄色の明るさを兼ねそろえた色。明るさ、親しみやすさ、若々しさ、新鮮さといったイメージで、人に好印象を与える最適な色です。また一番食欲をそそる色です。食欲がないときには、テーブルの上や近くにオレンジ色のグッズを置くとよいでしょう。

イエロー|黄色|色の意味

Yellow

黄は、光を象徴する色。明るい気分になり希望をもつことができるようになります。落ち込んでいる時など、インテリアにワンポイントとして使ってみては?その際は他の色と組み合わせ、黄自体はアクセントカラーとして使うのがおすすめ。

グリーン|緑|色の意味

Green

緑の波長は脳の興奮を鎮める働きがあります。緑を見ることで目が休まります。特に植物の緑に目をやると、心理的にも安心し癒されます。観葉植物を置いたり、グリーンのグッズを身近に置くと、一緒にいる人にもバランスをとろうとする心理が働き、お互いの関係が穏やかになります。

ブルー|青|色の意味

Blue

青は、理性の色と言われ、冷静な探究心や自立心とつながり、落ちついた精神の状態をつくります。医学的には、血圧を下げ脈拍を少なくする効用があると言われています。眠れない時は寝室に青いグッズを置くと効果を発揮します。

パープル|紫|色の意味

Purple

紫は高貴、優雅、神秘をあらわします。また心理的な癒しの色。心理学では人間は活動力が低下しはじめると、紫を捉えることがわかっています。紫の波長には、細胞の中の光回復酵素を刺激し、遺伝子の損傷を直す働きがあることも解明されているほどです。

ピンク|色の意味

Pink

ピンクは女性らしさ、優しさ、可愛らしさ、おだやかさを象徴し、精神的な満足感を与えて充実した気持ちにしてくれます。
色彩心理的に、幸せな気分や、人を愛したくなるエネルギーが満ちてきたときに、人の心はピンクの波長と響きあうそうです。

ホワイト|色の意味

Clear・White

白色はすべての色のうち最も明るい色。どんな色とも相性がよく、他の色と対比させることでさらに明るく、他の色はさらに鮮やかに見える対比効果があります。色みのない真っ白はベースカラーとしてよりもアクセントカラーやサブカラーとして使うのがおすすめです。